未定

  • 2018.09.24 Monday
  • 06:30

稲葉美樹さんと同様に暗殺された上杉昇(鈴木昇)の友人・宮沢昌宏さん。

彼は2009年に捨て駒としての生涯を終えた。上杉昇は音楽界をはじめ、漫画界や映画界やゲーム界においてもイジメにあっていたが、宮沢さんを殺されたのをキッカケに本格的に壊れた。落ちぶれて人殺しとなった上杉昇…彼は救われない。



裕幸『……』
難波『(鈴木を殴りまくる)』
後藤『(鈴木を殴りまくる)』
鈴木『(失禁)』
藤原『(鈴木を殴りまくる)』
野田『(鈴木を殴りまくる)』
鈴木『(吐血)』
紳士『(鈴木を見ている)』
幽鬼『シメてるんすよ。甘やかさないで下さい』



北野『(敏子を犯している)』
鈴木昇の祖母・敏子『…ん』
北野『(ハンドガンで敏子に全発銃撃)』
鈴木昇の祖母・敏子『(死体)』



幽鬼『各業界の皆さんの回答によるとS(鈴木昇)の事なんざ「知らない」「誰?」って人が殆どだったらしいですよ?』
裕幸『うん…』
幽鬼『Sイジメのあった過去はどこへやら…彼は吊るされた風鈴の様に忘れ去られていたんですね』
藤原『“痛みの塔”に住んでる王様でしょ?あと“奮闘記”に出てくるゴミもあのおじさんかな。“ラストワン”でも…傷付けちゃったかもね』
幽鬼『開き直ったSが各業界にイヤな事をしに来る可能性があるので、一応注意が必要でしょう。バレないやり方でやり返しに来るかも知れません』
鈴木『あいつら 全員殺したるぞ…』



どこか諦めにも似た…原発不明癌によって弱くなって逝く
殺された捨て駒・宮沢昌宏さんのブログ



David『(鉄板入り安全靴を装着)』
宮沢『…ぐっ(怪我で動けない)』
David『おらよ(宮沢の胃部を蹴る)』
宮沢『……っ』
David『(宮沢の胃部を蹴る)』
宮沢『…う!』
David『(宮沢の胃部を蹴る)』
宮沢『ぐは!!(嘔吐)』
David『へっ…パンクだ』



裕幸『紙に鈴木昇、鈴木敏子、宮沢昌宏と名前を書いて外に吊るしておいた。蹴り役の球もつけて三人を蹴りまくるように作っておいた。24時間蹴り続けてパンクさせまくろう。伝わらないのはお前が寿命だからだよ デーブー』







上杉昇の歌詞を紹介しよう。



Jumpin' Jack Boy 作詞・上杉昇

真夜中 サビた 香り
感じて 見下ろした街は
まるで宝石のように

君への ただやるせない 想いを
照らしては 揺れる
この心 壊しそうなくらい

どうかしてるね その笑顔だけが
また ため息に 変わる

I'm Just a Jumpin' Jack Boy?
ねぇそのまま イかせて
身も心も キミだけを求め
いつも Crying Crying
もう 胸がはちきれそう
そのすべてに 触れてみたい…

勝手にこの恋を 夢みて
うわついてたけれど その言葉で目が覚めた

「そうね 嫌いじゃないけれど」なんて
ちょっと 笑えない 答えだ

I'm Just a Jumpin' Jack Boy?
あぁ 誰も 止められない
グラついてる 君への思いは
まるで Crazy Crazy
もう とても 耐え切れない
そのすべてを 重ねてたい

I'm Just a Jumpin' Jack Boy?
ねぇそのまま イかせて
身も心も キミだけを求め
いつも Crying Crying
もう 胸がはちきれそう
そのすべてに 触れてみたい…

そのすべてに 触れてみたい…



幽鬼『それでは審査員の方々、どうぞ!』
藤原『うん…寒いかな』
野田『だせー』
難波『良いです』



某ヴォーカルA『嫌いなんですよ。ヤハウェ(上杉)とかそういうの』
某ヴォーカルB『嫌いなんだよ あんたの声。気付いちゃって下さいよ』
某ヴォーカルC『可哀想な声で泣くベランダの風鈴』
某ヴォーカルD『弱いままのキミでいい』



STARS 詩・幽鬼

どれだけの夜を
乗り越えて
僕らは一つになれる

どれだけの夜を
乗り越えて
誓いは絆となる

あれから どれだけの
時が過ぎた
あれから どれだけの
傷を負った

言葉じゃ計れやしれないから
こんな思いはSoul'd Out

いつかは 空を飛べる
いつかは 壁を越える

そして 僕らは 軌道(スピード)にのって
領域を越える
そして 僕らは 堕落を
重ねて 奈落を超える

幾つもの時が
重なり合って
僕らは一つになれる

誰よりも強く
それでいて
誰よりも淡く
儚い日々を
こうして
僕らは
乗り越えて
あの夜空に
輝く星となる



↑素晴らしい詩だったので暫く載せておく。彼の詩才が見事光った作品だと思う。



暗殺!殺された宮沢昌宏。無能?どうでもEひと!エア・上杉昇。どこか諦めにも似た…。負け犬か?“名も知らぬ聖者”に悲劇の花束を。歌姫や漫画家たちにも忌み嫌われて…。ELEVENの上杉昇は…もう。自殺 モグラが笑う!



庵野『いたぞー!S(鈴木)だ!』
鈴木『!?』
三浦『(鈴木を殴りまくる)』
はじめ『…よくもやってくれましたね』
鈴木『チッ!(はじめを殴る)』
古谷『(鈴木を殴る)』
鈴木『ぐっ!』
井上『(鈴木ともみあいになる)』
鈴木『こ、殺してやる(ハンドガンを取り出す)』
はじめ『(鈴木を押さえつける)』
庵野『(鈴木を押さえつける)』
古谷『やー!(鈴木を殴る)』
鈴木『うっが』
庵野『や、やった!』
鈴木『(井上を殴る)』
井上『ぎゃ!』
はじめ『…!?』
鈴木『(ハンドガンで三浦の腹に一発の銃撃)』
三浦『ぐわ!』
鈴木『(暴れまくる)』
古谷『キ…キレたぞ〜!』
鈴木『死にさらせ(ハンドガンで古谷の腹に一発の銃撃)』
古谷『う…えっ!』
井上&庵野&はじめ『(撤退する)』



↑について一言
解説者『鈴木昇の隠れたファインプレーだ』



Jonathan『(鉄板入り安全靴を装着)』
鈴木『…ぐっ(怪我で動けない)』
Jonathan『おらよ(鈴木の胃部を蹴る)』
鈴木『……っ』
Jonathan『(鈴木の胃部を蹴る)』
鈴木『…う!』
Jonathan『(鈴木の胃部を蹴る)』
鈴木『ぐは!!(嘔吐)』
Jonathan『へっ…パンクだ』



政府の者『さて次の娘は』
鈴木『へへっ…(男と旅館に入る歌姫を監視している)』



歌姫A『Sさん(鈴木昇)って誰?』
歌姫B『どうでも“E”のひと?』
鈴木『(歌姫Cに張り手)』
歌姫C『きゃ!』
鈴木『俺をナメんじゃねぇぞ』
某歌姫『Sきもい。安倍 むかつく』
政府の者『…敵の攻撃が過激化してきている…歌姫たちや漫画家たちの次は、誰を盾に使うか』
古谷『S(鈴木)の馬鹿が…ひそひそ…』
某漫画家『(頷く)』
鈴木『豚で悪かったな(古谷に張り手)』
古谷『う…ぁ!』
鈴木『(立ち去る)』
某漫画家『人殺し〜』
古谷『…わかってるだろ?あの豚(鈴木昇)がもう壊れてること。このままだと俺の事を殺しかねないからな』
某漫画家『ええ』



鈴木『(イヤな予感する…念のために安倍や漫画家たち、歌姫たちも監視しておこう…)』
清春『自虐は良くないね。木偶の坊くん』
鈴木『(清春を睨む)あんたの事も…わかってるな?』
清春『うぅ』




金正日を暗殺した上杉昇(本名・鈴木昇)



森『俺たちにアレをやったな!』
鈴木『……』
稲葉『(隠れている)』
三浦『鈴木を殺そう!』
鈴木『…あ?(三浦に張り手)』
三浦『うぅ』
梅澤『やられた〜!』
井上『僕もです…アレをやられちゃいました』
鈴木『(井上を睨む)』
井上『こいつ さっきまでと雰囲気が違う』
鈴木『チッ』
古谷『やー!(鈴木を殴る)』
鈴木『(古谷を殴りまくる)』
古谷『(失神)』
森『俺たちの他にも被害者の漫画家たちがいるはずです』
政府の者『世の中には知らない方がいい事もある。あなたたちは捨て駒なんですから』
福本『俺たち漫画家はやられっ放しってか!』
清春『僕も…木偶の坊の被害者だね』
大塚『俺もや。ヤラれたわ』
歌姫A『私たちにもアレをやったでしょ!』
歌姫B『変態!』
鈴木『にや』
稲葉『(隠れている)』
政府の者『もうバレてるかも知れません!はやく逃げましょう 鈴木さん!』
歌姫C『Sさんと政府の人たちを殺してください』
歌姫D『旅館の夜も全部』
藤原『…やられた』
野田『俺も…』
後藤『Sのオッサンだよ。俺らナメられてるね』
難波『畜生!』
政府の者『今だ〜!(鈴木と逃げ出す)』



John『(鉄板入り安全靴を装着)』
敏子『…ぐっ(怪我で動けない)』
John『おらよ(敏子の胃部を蹴る)』
敏子『……っ』
John『(敏子の胃部を蹴る)』
敏子『…う!』
John『(敏子の胃部を蹴る)』
敏子『ぐは!!(嘔吐)』
John『へっ…パンクだ』




最近出番の無いJohnだが…。かつて金正日の名前当てつけで、鈴木昇に殺されてしまった。ゲーム『モンスターハンター』では“ババコンガ”にされ、鈴木昇に恥をかかされた過去を持つ。



三浦『御覧の通りでね(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
三浦『おっぱじめるか(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

井上『お前にゃ無理だ 魚住(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
井上『また生意気言いやがって(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

桂『こいつ 頭イカれちまってる(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
桂『死んでくれ(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

古谷『豚がもう壊れてる(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
古谷『まぁこんなもんじゃねぇの(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

岩明『メンドクセー(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
岩明『浦上(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

大治『うっせーな…(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
大治『だせー(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

庵野『褒めてもらいたがってる 大した男じゃない(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
庵野『他人に頼るとは君らしくないな(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

猿渡『あんたじゃ逆立ちしたって勝てやしませんよ(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
猿渡『お前 終わっとるわ(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

加瀬『へっ パンクだ(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
加瀬『なに眠てぇ反応してんだ!(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

福本『これはカモにされるな(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
福本『なるほど凡夫だ 的が外れてやがる(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

はじめ『あれは俺のもんだ(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
はじめ『お前は単なる酔っ払いだ!(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

まさのり『西沢(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
まさのり『デブ!(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

森『何処を見てる(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
森『もうやめた方がいい(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

梅澤『お前の強さは幻なんだよ(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
梅澤『一発かよ ダセー野郎だな(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』

鳥山『実力は大した事ねぇが妙な技を使いやがる(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』
鳥山『てめえに言われちゃおしまいだ(鈴木をアサルトライフルで乱射)』
鈴木『(死体)』







ニコー『S(鈴木)って誰?殺しちゃってもイイやつ?』
幽鬼『終わってるEのおっさんだよ。殺してやって下さい』
ニコー『(鈴木を見ている)Sきもい』
幽鬼『ほらほらオイ(鈴木に張り手)』
鈴木『うぅ』



裕幸『馬鹿の一つ覚えみたいに“ハッタリ!ハッタリ!”言ってる頭のイカれてるどっかのキチガイの戯言や、見当外れの空言に惑わされるなよ?話の通じる人間だと思うな。単なる知的障害の白痴野郎だと思え』



【漫画に登場する上杉昇(鈴木昇)をモチーフにしたキャラの一部を紹介。まだまだ存在するぞ】
住田・上杉昇。吉井・上杉昇。エア(柾)・上杉昇。ダイバ・上杉昇。青木・上杉昇。三輪・上杉昇。

音楽の世界でも“ドウデモイイヒト”で“ELEVEN”のS(鈴木)は…もう。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM